ExcelVBA

マクロで特定文字を含むシートを選択|For Each ~ Next & Like

For Each ~ Nextステートメントはワークシートやセル等特定の集団内の要素に対しループで1つずつ処理する事ができる構文です。本記事ではFor Each ~ Nextステートメントの使い方を含め具体的な使用例を3つ紹介します。
ExcelVBA

【サンプルコード】VBAでクラスを使ったコードと使わないコードを比較する

クラスについて勉強後いざ実践となるとどうしたら良いのか考えてしまった事はありませんか?本記事ではクラスを用いたコードを実装するにあたりサンプルコードを用意しました。比較対象として同じアウトプットでクラスを使わないコードも用意しています。
ExcelVBA

VBA|クラスとは何か|本当に難しいのかを3つのポイントから検証

クラスとは何か?を解説します。クラスとは「オブジェクト、プロパティ、メソッドの設計図」です。「自分の考えでオブジェクトの仕様を決めつつ配下のプロパティ、メソッドの仕様も決める」という事です。3つのポイントをもとにクラスにアプローチします。
ExcelVBA

VBA×コピペ|値のみ貼り付け&簡単高速にコピーできる方法を公開

本記事はコピペ(コピー&ペースト)の中から「値貼り付け」にフォーカスを当てた記事です。値貼り付けにはPasteSpacialメソッドを使う事になります。一連の操作を紹介した後でより「簡単」&「高速」なコピペ(裏技)を紹介します。
ExcelVBA

VBA|MsgBoxの「保存」ボタンを使わずにデータをSaveする

VBAのMsgBox関数で「保存」ボタンは作成出来るのか?という質問をいただきました。結論としては「できない」のですが同じ効果を得る事はできます。少し違ったアプローチをすることでメッセージボックスからデータの保存を可能にしてみます。
ExcelVBA

VBA|Dir関数を使ってフォルダ内の複数ファイルを順番に処理する

マクロを書いたワークブックから別のワークブックを開いて作業をしたいなと思った事はありませんか?Dir関数ならフォルダ内に配置された複数のエクセルファイルを順番に開く事が可能です。事例+動画をもとにDir関数の使い方を詳しく解説します。
外部Appとの連携

Copilot in Excelとは|いつ&できる事&価格|365で使用可能

Microsoft社は2023年11月より企業向けライセンスで「Microsoft 365 Copilot」をリリースします。Excelの中でAIが使える様になります。具体的に「どんな事が出来るのか」、「使用料金」などを調査しました。
ExcelVBA

Selenium×ExcelVBA|ラジオボタンの選択状態をチェックする方法

今回は複数の要素の中から1つの要素を選択する際に使用するラジオボタンについて記事を用意します。記事を読んでいただくとラジオボタンの選択状態をチェックする事が出来る様になります。読んでいただくとチェックボックスの理解にもつながりますよ。
ExcelVBA

VBA×AIでコードを作成|GPTExcelが無料で全機能を開放

日本時間の2023年09月26日(火)にGPTExcelの仕様変更がありました。無料プランで全機能が使える様になっています。これでVBAのコードを生成する事ができるようになりました。実際にコードを生成してみました。使用感を紹介します。
ExcelVBA

GPTExcelとは?無料プランで使い方や日本語対応可否を調査

GPTExcelというアプリケーションを紹介します。ExcelやGoogleSheets(Googleスプレッドシート)の関数、SQL文や正規表現、VBA等を自動で生成してくれます。使い方や日本語対応の可否について調査したので報告します。